トップページ > 会 則

会 則

日本リハビリテーション栄養研究会 会則
(平成23年9月23日 初版:【ver.1.00】)

日本リハビリテーション栄養研究会規約

第1章 総則

第1条 (名称)

本会は日本リハビリテーション栄養研究会と称する。また、英文名を Japanese Association of Rehabilitation Nutrition と称し、略称を JARN とする。

第2章 目的および事業

第2条 (目的)

リハビリテーション栄養を多職種で、すなわち、医師・歯科医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・歯科衛生士および、その他医療・介護職で研究、教育、実践することで、障害者や高齢者の機能、活動、参加の向上に寄与することを目的とする。

第3条 (事業)

本会は以下の事業を行う。
年1回程度の研究会の開催
年1回程度の合宿の開催
その他、本会の目的を達成するために必要な事業

第3章 会員

第4条 (種別)

本会の会員は次のとおりとする。
正会員    本会の目的に賛同して入会した者
援助会員    本会の目的に賛同し、本会の発展に協力を希望する個人、法人あるいは団体とし、代表者の推薦を得て役員会の承認を経た者

第5条 (入会)

本会に入会を希望する者は、代表者の承認を受けなければならない。

第6条 (会費)

会員は、総会において別に定めるところにより会費を納入しなければならない。

第7条 (資格の喪失)

会員は、次の事由によって資格を喪失する。
退会したとき
死亡したとき
除名されたとき

第8条 (退会)

会員が退会しようとするときは、理由を付して退会届を代表者に提出しなければならない。

第9条 (除名)

会員が次の各号のいずれかに該当するときは、役員会の議決を経て代表者が除名することができる。ただし、役員会で弁明する機会をあたえなければならい。
本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に反する行為のあったとき
本会の会員としての義務に違反したとき
会費を2年超えて滞納したとき

第10条 (会費等の不返還)

会員が既に納入した会費、その他拠出金は、これを返還しない。

第4章 役員等

第11条 (役員)

本会には次の役員をおく。
会長    1名
副会長    2名
世話人    若干名
監事    2名
当番世話人    1名

第12条 (役員の選出・任期)

役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
2.    会長、副会長、世話人、監事および当番世話人は、役員会にて決定する。

第13条 (役員の職務)

役員の職務は以下のとおりとする。
会長は、本会を代表し会務を統括する。
会長、副会長、世話人は、役員会を組織し、会務の審議および本会の運営にあたる。
監事は、本会の会計監査および会務の審査にあたる。
当番世話人は、研究会を主宰する。

第14条 (役員に対する報酬)

役員は無報酬とする。ただし、役員には費用を弁償することができる。

第5章 会議

第15条 (総会)

本会は総会により意思決定を行う。
総会は、通常総会と臨時総会から成る。
総会は、正会員により構成され、正会員以外は、必要に応じ、総会で意見を述べることができる。

第16条 (役員会)

役員会は第11条に示した役員により構成される。
2.    役員会はこの会則に別に定める事項のほか、次に掲げる事項を議決する。
総会の議決した事項の執行に関する事項
総会に付議すべき事項
総会の議決を要しない業務の執行に関する事項

第6章 支部会

第17条 (支部会)

本会の下部組織として、支部会を定める。
支部会は、北海道、東北、関東、群馬・信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州地区に分ける。
各支部会には支部会長を定める。支部会長は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士のNST専門療法士取得者を優先する。
各支部会の役員は、支部会長が役員会へ推薦し、役員会の議を経て会長がこれを委嘱する。
各支部会は、(準備が整い次第)年1回のリハビリテーション栄養セミナーの企画・開催を行う。
各支部会持ち回りで(準備が整い次第)年1回、日本リハビリテーション栄養研究会を企画・開催する。

 

第7章 会計

第18条 (会計)

本会の経費は、会費、寄付金、その他をもってこれにあてる。
2.    本会の会計年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。

第8章 会則の変更

第19条 (会則の変更)

会則の変更は、役員会の議を経て総会の承認を得なければならい。

第9章 解散

第20条 (解散および残余財産の処分)

本会は、役員会において構成員3/4以上の同意を得たうえ、総会において正会員の2/3以上の同意を得て解散することができる。
2.    解散に伴う残余財産の処分は、役員会の議決を総会の承認を得て行う。

附則:

附1    本会則は、平成23年9年23日より施行する。

附2    版管理【ver.X.YZ】は下記のとおりとする。

  1. 章・条の加筆・修正は、Xの位を変更する。
  2. 項の加筆・修正は、Yの位を変更する。
  3. 誤字訂正はZの位を変更する。
  4. 版管理の記録を別途

附3    役員名簿は別途作成し、作成日、任期を明記する。